奈良 旅館 宿 奈良県五條市 藤井館 周辺観光
奈良県中南部の 高野山 吉野山 飛鳥 葛城 二上当麻、橋本市 紀ノ川流域の観光宿泊に便利な旅館
ホーム館内案内料理案内料金案内観光案内交通案内ブログ

24時間オンライン予約に対応していますのでお気軽に!           携帯予約
日付から予約   ご希望の日程、ご宿泊者人数検索からご予約いただけます。
プランから予約   プランやご希望のお部屋タイプからご予約いただけます。
予約確認・キャンセル   ご予約の確認及び変更・キャンセルをしていただけます
ご不明な点は、お気軽に フリーダイヤル 0120−201099 (AM8時〜PM10時)
観光案内
奈良県の五條市(五条市)周辺には、いにしえのロマンあふれる名所・旧跡がたくさんありますので、ああでもない、こうでもないと旅のコースを検討するのを旅の醍醐味にされておられる方々にはたまらない所です。ぜひ中南部大和・紀伊半島南部の名所・旧跡。緑あふれた山々のすばらしい自然を是非お楽しみ下さい。
五條市内の観光見所案内はこちらから ⇒ ⇒ ⇒市内観光
五條市周辺観光概略図
概略図の各地名をクリックすれば、お勧めHPを確認できます
楠木正成の千早赤阪城攻防の跡や金剛寺、観心寺など、南北朝時代の史蹟が点在しています。 悲劇の皇子・大津皇子がまつられる二上山、そのふもとには中将姫伝説やボタンで有名な当麻寺の在る里です。 葛城山と金剛山の東麓高台に位置する葛城古道。葛城氏や役行者伝説など、上代ロマンが色濃くただよっています。 日本人の心の故郷ともいうべき大和の中心「飛鳥」(明日香)、神武天皇をお祭りする橿原神宮や江戸時代の町並みを残す今井町も近くです。 高取町には山城として有名な高取城跡と麓に「大和の薬売り」の城下町があります。また浄瑠璃のお里沢市で有名な西国三十三ヶ所第六番札所「壷坂寺」があります。 観音さんボタンで有名な「長谷寺」、西国三十三ヶ所第八番札所です。東へ足をのばすとシャクナゲで有名な女人高野「室生寺」へたどりつきます。 桜井市の多武峰には関西の日光といわれる藤原鎌足を祭る「談山神社」があり、桜や紅葉がみごとです。 根来寺は新義真言宗の大本山で、室町時代末には大いに栄え、鉄砲の根来衆として秀吉に抵抗し討伐を受け焼失しましたが国宝の大塔など栄華の跡を残しています。 西国三十三ヶ所第三番の札所である粉河寺には、江戸中期の非常に大きな本堂や枯山水の庭があります。 空海こと弘法大師開山の高野山、真言密教の根本道場「壇上伽藍」や総本山「金剛峰寺」、奥の院参道や御廟など見所が多いです。 秘湯として名高い龍神温泉は無色透明の重曹泉、高野山と龍神村を結ぶ高野龍神スカイラインは紅葉スポットとしておすすめ。 史書よりも軍書に悲しい、と語られた南朝悲史の地「吉野山」。金峰山寺の蔵王堂を中心として春には全山が桜に埋め尽くされます。 天川は日本三弁財天の天河弁才天社のある、空気清浄な静かな山里です。 修験道の根本道場「大峯山」への登山基地、日本名水百選にえらばれた「ごろごろ水」など豊かな水に恵まれています。 吉野山から熊野へ至る山伏行者のたどった大峯奥駈道、古くからの山岳信仰・修験道の根本道場です。 世界有数の雨量を誇る大台ケ原はわが国有数の原生林を形成し、コケの多い林や、水量豊かな渓流や滝に恵まれています。 紀伊半島のど真ん中、西熊野街道が通る秘境、十津川村は森林と水に恵まれ魅力たっぷりです。 黒潮洗う南紀熊野は光あふれる別天地。西国三十三ヶ所第一番札所「青岸渡寺」や熊野三山、熊野古道。歴史と海の魅力に満ち溢れています。 市内の案内は市内観光か観光協会HPでご確認ください。
お勧め地域チェックポイント
各地域名・市町村名をクリックでお勧めHPをご確認できます
大阪南東部、南河内地域
藤井寺市
羽曳野市
太子町
応神天皇陵をはじめとする巨大古墳が点在する古市古墳群や西国三十三ヵ所第五番札所葛井寺(ふじいでら)。飛鳥時代の天皇・皇族の陵墓が集まる太子町。叡福寺(えいふくじ)には聖徳太子の御廟も。
富田林市
千早赤阪村
河内長野市
楠木正成の千早赤阪城攻防の跡や金剛寺、観心寺など、南北朝時代の史蹟が点在しています。千早は大阪最高峰の金剛山の大阪側登山口。富田林には寺内町という古い町並みも。
奈良盆地地域
葛城市
御所市
大和高田市
悲劇の皇子・大津皇子がまつられる二上山、そのふもとには中将姫伝説やボタンで有名な当麻寺があります。葛城山と金剛山の東麓高台に位置する葛城古道には葛城氏や鴨氏にまつわる古い神社や役行者伝説など、上代ロマンが色濃く残されています。
橿原市
明日香村
高取町
日本人の心の故郷ともいうべき大和の中心「飛鳥」(明日香)、点在する宮跡や古墳・石造物がロマンをかき立てます。近くの藤原京跡や神武天皇をお祭りする橿原神宮、江戸時代の町並みを残す今井町も一見の価値有り。高取町には山城として有名な高取城跡と麓に「大和の薬売り」の城下町があります。また浄瑠璃のお里沢市で有名な西国三十三ヶ所第六番札所・壷阪寺があります。
桜井市
天理市
神話や万葉歌に彩られた古代ロード、山辺の道。古代古墳群や石上・大神神社(三輪明神)など見所が盛りだくさん。観音さんとボタンで有名な長谷寺、西国三十三ヶ所第八番札所です。東へ足をのばすと女人高野と呼ばれる室生寺も。桜井市の多武峰には談山神社があり、桜や紅葉がみごとです。
奈良市
大和郡山市
斑鳩町
二カ所の世界文化遺産「古都奈良の文化財」「法隆寺地域の仏教建造物」、見所が盛りだくさんです。大和郡山は秀吉の弟、豊臣秀長が築城した城下町、江戸時代は柳澤藩の居城で金魚でおなじみ。
紀ノ川流域地域
和歌山市 紀ノ川が紀伊水道に流れ込む河口に作られた徳川御三家、紀州の殿様の城下町。和歌浦や雑賀崎、西国三十三ヶ所第二番札所の紀三井寺、日前宮や紀伊風土記の丘など見所が多い。和歌山マリーナシティのポルトヨーロッパや黒潮市場も楽しめます。
岩出市
紀の川市
根来寺は新義真言宗の大本山で、室町時代末には大いに栄え、鉄砲の根来衆として秀吉に抵抗し討伐を受け焼失しましたが国宝の大塔など栄華の跡を残しています。西国三十三ヶ所第三番の札所である粉河寺には、江戸中期の非常に大きな本堂や枯山水の庭があります。
九度山町
高野町
龍神(田辺市)
九度山町には世界遺産に登録された慈尊院他があり、高野山町石道で高野山上へと結ばれています。空海こと弘法大師開山の高野山には真言密教の根本道場「壇上伽藍」や総本山「金剛峰寺」、奥の院参道や御廟など見所が多いです。秘湯として名高い龍神温泉は高野山と高野龍神スカイラインで結ばれ、道の周辺は紅葉スポットとしておすすめです。
橋本市 南海高野線が通っており、鉄道での高野山方面への基地となっています。車の場合は玉川峡を通って高野山奥の院へのルートもあります。
吉野川流域地域(紀ノ川上流、奈良県側)
五條市
(大塔・西吉野)
万葉の宇智の大野、藤原南家の氏寺・栄山寺の八角堂。江戸時代の古い町並み・新町通り。北に金剛山、南に紀伊山地、緑と水の豊かなところです。一帯は日本有数の富有柿の産地です。
大淀町
下市町
大峰登山口天川村への入り口。大阿太の梨、下市の吉野杉を使った箸や木工産業が盛ん。
吉野町 史書よりも軍書に悲しい、と語られた南朝悲史の地「吉野山」。世界遺産に登録されました。金峰山寺の蔵王堂を中心として春には全山が桜に埋め尽くされます。修験道の大峰山上回峰行の出発地点です。
紀伊山地山間部地域
上北山村
下北山村
川上村
東吉野村
吉野川(紀ノ川)の源流域、緑と水がたまりません。世界有数の雨量を誇る大台ケ原はわが国有数の原生林を形成し、コケの多い林や、水量豊かな渓流や滝に恵まれています。
天川村
黒滝村
天川は日本三弁財天の天河弁才天社のある、空気清浄な静かな山里です。洞川は修験道の根本道場「大峯山」への登山基地、日本名水百選にえらばれた「ごろごろ水」など豊かな水に恵まれています。吉野山から熊野へ至る山伏行者のたどった大峯奥駈道、古くからの山岳信仰・修験道の根本道場です。
野迫川村
十津川村
紀伊半島のど真ん中、西熊野街道が通る秘境、十津川村は森林と水に恵まれた京都御所・禁門警備をした十津川郷士の里です。野迫川村は高野山と熊野本宮の中間地点で、熊野参詣道の小辺路ルートにあたります。
熊野・南紀地域
本宮町
新宮市
熊野古道の中辺路を歩いたり熊野本宮大社へお参りしたりと山深い熊野の雰囲気を味わえます。瀞八丁をウオータージェット船で巡ったり、北山川筏下り体験なども楽しいです。本宮町には湯の峰温泉と川湯温泉がありくつろげます。新宮市には熊野三山の一つ熊野速玉大社があります。
那智勝浦町
太地町
串本町
黒潮洗う南紀熊野は光あふれる別天地。熊野三山の一つ那智の火祭りで有名な熊野那智大社、西国三十三ヶ所第一番札所「青岸渡寺」や那智の滝。黒潮洗う本州最南の潮岬、鯨の町太地町。潮岬に立って太平洋を眺めると地球は丸いと実感します。海洋体験のホエールウオッチングもお勧め、すばらしいです。
熊野市 獅子岩や鬼ヶ城、遊泳は出来ませんが玉石の七里御浜。熊野灘に面したすばらしい海岸線です。熊野古道の伊勢路ルートが通ってます。
五條市内の観光見所案内はこちらから ⇒ ⇒ ⇒市内観光
日付から予約   ご希望の日程、ご宿泊者人数検索からご予約いただけます。
プランから予約   プランやご希望のお部屋タイプからご予約いただけます。
ホーム館内案内料理案内料金案内観光案内交通案内
 奈良県中西部、紀伊半島の十字路のお宿
藤井館ロゴ 〒637-0005 
奈良県五條市須恵1丁目10-4 
TEL:0747-22-2010 
FAX:0747-22-3113
〜やまとごじょう ふじいかんウエブサイト〜