奈良 旅館 宿 奈良県五條市 藤井館 館内案内  
吉野山 大淀町 明日香村 高取町 御所市や和歌山の高野山 橋本市などの観光宿泊に便利な旅館です
ホーム館内案内料理案内料金案内観光案内交通案内ブログ
24時間オンライン予約に対応していますのでお気軽に!           携帯予約
日付から予約   ご希望の日程、ご宿泊者人数検索からご予約いただけます。
プランから予約   プランやご希望のお部屋タイプからご予約いただけます。
予約確認・キャンセル   ご予約の確認及び変更・キャンセルをしていただけます
ご不明な点は、お気軽にお問合せを。 フリーダイヤル 0120−201099 (AM8時〜PM10時)
館内案内施設案内
玄関を入ると、フロントとロビー。
ロビーには、地元の画家、山口裕文先生の版画や絵と郷土史関係の書籍。

それに、五條出身の、児童文学家川村たかし氏の著書や、漫画家楳図かずお氏の著書も多数取り揃えてます。 
ロビー
サツキ
ロビーを過ぎると、小さな中庭。
樹齢の定かでないサツキの古木と亀に占領された小さな池と、なぜか、お稲荷さん。

45年程前、最初の亀が当館に来ました。
30年間ほどは5匹ぐらいの亀で穏やかだったのですが、ここ10年あまり、繁殖が激しくなりました。
初夏のころになると、庭の土の中から子亀が出てきて、50匹程に増え池が狭くなってしまいました。

 

奥庭

それをすぎると中央のメインの庭です。
左右に廊下がわかれ、浴場やお食事処。
お食事処には漫画の本が沢山あり、ご自由にお楽しみいただけます。
宿の敷地の形は、間口が狭くて奥へ行くと広がるヒョウタンのような感じです。

奥庭のまわりには、当館の主な客室・宴会場などがあります。
庭の周りには、ゆったりした廊下が廻り、あちこちに山口先生の版画や砂絵が。
建物の大部分は、木造二階建て。
町の中心部に近い割には、気楽におくつろぎいただける、ゆったりとした旅館です。
食事処

客室


お客様のご人数に合わせて、手ごろなゆったり出来るお部屋を準備させていただいております。
バリアフリーには対応出来ておりませんが、ご年配の方々にはご予約の時にお申し出いただけば、支障の無い一階のお部屋ご用意させていただきます。
古くからの和風旅館ですので、バス・トイレ付き、ベッドのお部屋はございません。

温泉ではありませんが、金剛山から流れ出る天然地下水を使ってますので、気持ちがいいとご好評をいただいております。
そう大規模な浴場ではありませんが、3箇所ありますので、ご家族様やカップル様での貸切利用にも対応しております。

浴場

洋室


団体様の会議・研修等、コンベンションホール的なご利用可能な椅子席の洋室ですので、いろいろなご要望にあわせてお使いいただけます。
お食事も可能ですので、お気軽に。
会議だけとか展示会などには対応しておりません。
60名様までご利用いただけます。
小人数から大人数まで、70名様までの色々な宴会が出来る和室の宴会場がございますので、いろんな用途の日帰りのご宴会や、団体様の夕食宴会などにご利用いただけます。
宴会場
食事処

ご夕食や朝食は、お食事処でとなります。
漫画の本を多数とりそろえてますので、ご自由にお楽しみいただけます。
欠けることなくちゃんと元の場所へお戻しいただくという、最低限のマナーをお守りいただけるのなら、お休みになられるお部屋にお持ちいただけます。
施設のご案内

客室はすべて和室です。
建物は大部分が木造二階建て。
売店・喫茶室・ラウンジ・ゲーム機等はありません。
駐車料金は無料です。
・客室/15室
・収容/50名様
・宴会用広間(和室)/3室
・洋室/1室
・お食事処/1室
・浴場/3ヶ所
・駐車場/大型1台・乗用車15台
チェックインは午後3時〜最終チェックイン午後10時30分となっております。
門限は午後11時で、それ以後の入出館は午前6時までできません。
チェックアウトは午前6時(玄関を開けます)から午前10時までとなっております。

お夕食の時間は、午後6時〜午後9時終了となっております。

朝食の時間は、午前7時〜午前9時終了となっております。

客室備品として、浴衣・バスタオル・歯ブラシを準備いたしております。
学生や少年のスポーツ団体さんの場合、浴衣とバスタオルの準備はありません。
浴場備品として、ボディソープ・石鹸・シャンプーリンス・ドライヤー等を、準備させていただいております。
髭剃り・地図等何か特別に必要な時はフロントでお気軽にお申し付けください。

お風呂の入浴時間は、午後5時〜午後11時終了となっております。
朝は午前6時から、浴場のシャワーのみご利用いただけます。
当館の由来
江戸時代の1600年代後半に河内の国の岩瀬から、当家の初代が金剛山を越えて大和五條の新町村にやってきて卸問屋を営みました。
河内出身ですので河内屋、名は九兵衛(九男か?)、姓は小川ですが代々当主がその名を引き継ぎ、「河九」の屋号で明治に至ります。
かなり繁盛して儲けたのか、須恵村のひなびた畑の真ん中(当時はそう家がなかったらしいです)に広い土地を確保し、現在の基盤が出来たようです。
昭和の初めごろまでは本業がよかったようですが、手を広げすぎたのか事業に失敗し本業の卸問屋は廃業。
しかし、明治時代初期に藤井家から嫁いできた女性が、絶えた実家の姓を店の名前にして、「藤井館」という料理旅館を副業としてやってましたので、浮き沈みは激しかったようですが何とか今まで続けることが出来ています。
卸問屋の「河九」で六代、料理旅館「藤井館」で五代、あわせて十一代、その間にはいろいろあったでしょうが、よくもまあご先祖様は頑張ってくれたものだと感慨深いものがあります。

日付から予約   ご希望の日程、ご宿泊者人数検索からご予約いただけます。
プランから予約   プランやご希望のお部屋タイプからご予約いただけます。
ホーム館内案内料理案内料金案内観光案内交通案内
 奈良県中西部、紀伊半島の十字路のお宿
藤井館ロゴ 〒637-0005 
奈良県五條市須恵1丁目10-4 
TEL:0747-22-2010 
FAX:0747-22-3113
〜やまとごじょう ふじいかんウエブサイト〜